Home » 鍼灸ニュース » 不整脈

不整脈ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

不整脈とは

心臓が収縮と拡張を繰り返すことを「拍動」といい、拍動は心臓が自ら発している電気信号で起こります。この拍動の速さやリズムに乱れが生じた状態が不整脈です。

一般に、健康な人の拍動の速さの目安は、安静時で毎分50~100回とされています。この目安よりも遅い場合を「除脈性不整脈」、速い場合を「頻脈性不整脈」と総称し、さらに心拍数などに応じて、さまざまなタイプに分けられます。

そのほかに、規則正しく起こっている拍動と拍動の間に、タイミングがずれて少し早く拍動が起こる「期外収縮」というタイプの不整脈もあります。これはたいていの人に起こっているもので、ほとんどの場合、心配はいりません。

・除脈性不整脈の症状…程度が軽ければ普段は症状がなく、階段や坂道を登るときに「息切れ」や「だるさ」を感じたりします。拍動と拍動の間隔が長くなると、「めまい」や「失神」を起こします。

・頻脈性不整脈の症状…「動悸」が代表的です。「胸苦しさ」を感じたり、湿疹したりすることもあります。

・期外収縮の症状…脈が飛んだように感じることがあります。

不整脈チェック

どんな病気か

不整脈の多くは危険なものではありませんが、命にかかわるものもあります。

日本での不整脈の発作による死亡者数は、年間2万人ほどと言われています。しかし、不整脈以外の心臓の病気から、最終的に不整脈が起こって死に至る例を含めると、年間の死亡者数は5~10万人ほどになると推測されています。

不整脈の多くは心臓の異常や、心臓以外の病気、生活習慣などが原因で起こります。

・原因となる心臓の異常…「心筋梗塞」のほか、心臓での血液の逆流を防ぐ「弁」に異常が起こる「弁膜症」、心臓の筋肉が肥大したり拡張したりする「心筋症」などがあげられます。不整脈が起こりやすい体質を持つ人もいます。

・原因となる心臓以外の病気…「甲状腺の病気」や「高血圧」、臓器に「肉芽腫」という組織のできる「サルコイドーシス」などがあります。

・薬の副作用…「気管支拡張薬」、「抗うつ薬」、高血圧の薬で用いる「血管拡張薬」や「β遮断薬」などの薬が原因となることもあります。

・生活習慣…不整脈の原因となる心筋梗塞や高血圧などは、食生活の乱れや運動不足など、生活習慣が大きく関わっています。不規則な生活、疲労、ストレス、喫煙、過度の飲酒などが自律神経の働きに影響し、不整脈を引き起こすこともあります。

検査と診断

問診では、症状や使用中の薬などについて聞かれます。

検査では「心電図検査」が重要で、さまざまな方法で心臓の拍動の状態を調べます。不整脈の原因を調べるためには、「血圧検査」「血液検査」のほか、心臓や血流の状態を見る「心エコー(心臓超音波検査)」などの画像検査が行われます。

不整脈の種類

西洋医学的治療

不整脈の治療の目的は大きく2つに分けられます。

発症すると命にかかわるような不整脈の場合は、発症の予防のために治療を行います。命にかかわる不整脈ではなくても、自覚症状が強くて日常生活に支障をきたしている場合は、症状を改善するために治療を行います。

・除脈性不整脈の場合…「洞不全症候群」自体は命にかかわるものではありませんが、失神して転倒すると怪我の原因となります。「房室ブロック」も、多くは心配はありませんが、心房から心室への電気信号の電動が完全に途絶えてしまうと、心停止が起こり、死に至る危険性があるため、治療が必要となります。

・頻脈性不整脈の場合…「心房細動」では、甲状腺機能亢進症や弁膜症、高血圧が背景にある場合、注意が必要です。心房内で血液がよどんで血栓(血液の塊)ができ、脳に流れて「脳梗塞」を引き起こすことがあるためです。また、「心室頻拍」が「心室細動」に移行し、突然死を引き起こすことがあります。

原因の治療

不整脈の原因が明らかであれば、その原因に対する治療や対策が優先されます。原因に対する治療が十分にできない場合や、原因がはっきりしない場合は、不整脈そのものに対する治療を行います。

不整脈そのものの治療では、主に「薬物療法」が行われます。薬物療法を行っても十分な効果が得られない場合、命にかかわるような危険性がある人や、自覚症状が強いために日常生活に支障をきたしている人には、「非薬物療法」が検討されます。あわせて、不整脈の原因となる生活習慣を改善することも重要です。

薬物療法

薬物療法では、「抗不整脈薬」や「抗不安薬」「抗凝固薬」などが用いられます。

抗不整脈薬は、拍動を健康な状態に戻し、その状態を維持するための薬です。抗不安薬は不整脈に対する不安感によって自律神経のバランスが乱れ、不整脈が悪化したり発症したりするのを防ぎます。また、抗凝固薬は、心房細動からの脳梗塞発症を防ぐために用います。

抗不整脈薬を使う場合

抗不整脈薬には多様な作用をもつものがあり、不整脈のタイプなどによって使い分けられます。

・頻脈性不整脈の場合…症状が持続するタイプの場合に、発作を予防したり、抑えたりするために使います。継続的に使う薬と、発作時に使う薬があります。

・除脈性不整脈の場合…除脈性不整脈の場合、抗不整脈薬の効果に限界があります。そのため、抗不整脈薬は「ペースメーカー」を埋め込むまで、症状を緩和するために用いることがあり案す。

・期外収縮の場合…多くは治療不要ですが、自覚症状が強く、日常生活に支障がある場合は抗不整脈薬を使います。

非薬物療法

・カテーテル・アブレーション…心電図などで、異常な電気信号の発生源や回路の位置が特定できている場合に行われます。「カテーテル」という細い管を心臓まで送り込み、異常な電気信号の発生源や回路を焼き切ります。不整脈のタイプによっては根治が期待できます。

・植え込み型除細動器を植え込む治療…心室頻拍がある場合や、心室細動を起こしたことがある場合、薬物療法の効果が不十分な場合などに行われます。鎖骨付近の皮下に、植え込み型除細動器という小さな危機を植え込みます。命にかかわる不整脈が起こると、自動的に電気ショックを与え、拍動をもとの状態に戻します。

・除脈性不整脈の治療…治療が必要な除脈性不整脈に対しては、薬物療法よりもペースメーカーを植え込む治療が主に行われます。ペースメーカーは、拍動がゆっくりになった時に、自動的に電気信号を心臓に送り、心拍数を増やします。

鍼灸治療

鍼灸治療での不整脈の治療は「症状を改善する」ことと「体を休ませる」ことを目指して行います。

治療を行う前には問診をとり、血圧計で血圧を測定し、脈拍も測ります。もしも、その時に脈拍に異常があるようであれば、病院を受診して検査を受けてもらうこともあります。

不整脈の症状は動悸や胸苦しさ、息切れやだるさなどが起こることです。これらを治療していきます。

動悸や胸苦しさには胸部にあるツボがよく効きます。中でも胸の中央にある「膻中」はよく使用します。10分程度鍼を刺しておく置鍼を行います。

また、胸の症状に対して効果のあるツボが腕にもあります。前腕部の肘と手首の中間点にある「郄門」は「手の闕陰心包経」という経絡にあるツボです。同じく手の闕陰心包経上にある「内関」というツボも動悸などを抑える効果があります。鍼や灸を行っていきます。また、背中の肩甲間部にある「心兪」などもよく使用します。

不整脈・げき門・内関

だるさをとり、自律神経を整えるために頭のてっぺんにある「百会」に灸をすえることもあります。このとき、頭の中までジーンと透るような熱感が伝わるまで灸をすえるとよく効きます。

不整脈は「疲労やストレスのたまっている人」が起こりやすと言われています。寝不足などが続くと、心臓の働きが悪くなるのは当然でしょう。そのため、体の疲れをとる必要もあります。

問診の際に、体の不調についてすべて聴き取るようにして、その人の症状にあわせて治療を行っていきます。睡眠不足や食欲不振、便秘、肩凝りや腰痛など、さまざまな病気や症状を治療して、体全体がいい状態になるように治療を行っていきます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.