Home » 鍼灸ニュース » 閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

閉塞性動脈硬化症とは

「動脈硬化」が原因で起こる病気として、「脳梗塞」や「心筋梗塞」が知られていますが、動脈硬化は脳や心臓に限らず、全身の血管に起こります。

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化によって脚の血管の血流が悪くなり、脚の痛みなどが起こる病気です。アメリカでは65歳以上の人の約15%にあるとも言われ、日本でも最近、中高年を中心に増えています。

症状

脚に動脈硬化が起きても、はじめのうちはほとんど症状がありません。動脈硬化が進むと、一定の距離を歩くと主にふくらはぎが締め付けられるように痛み、歩けなくなります。しかし、数分間立ち止まって休むと痛みが治まり、また歩けるようになります。これを「間欠跛行」といい、特徴的な症状の1つです。

動脈硬化がさらに進むと、じっとしていても脚が痛むようになります。放置していると、足に「潰瘍」ができ、「壊死」を起こして脚の切断が必要になることもあります。

閉塞性動脈硬化症の症状

検査と診断

医療機関では、脚の血行の状態を見たり、医師が脚を触って脚の脈拍を調べるほか、上腕と足首の血圧の比を比べる「ABI(足関節上腕血圧比)測定」なおを行って診断します。血管の狭窄や閉塞した場所を調べるには、「造影CT(コンピュータ断層撮影)」や「超音波検査」を行います。

西洋医学的治療

間欠跛行があるだけの初期の段階で治療を行えば、脚の切断をしなくて済む可能性が高まります。脚の切断を回避するためにも、早期に病気を発見し、適切な治療を受けることが大切なのです。

間欠跛行の段階では、生活習慣の改善とあわせて、必要に応じて薬物療法を行います。

間欠跛行の段階の治療

・禁煙…たばこは血管壁を傷つけ、動脈硬化をすすめます。

・ウォーキングなどの適度な運動…歩くことが刺激となり、狭くなった血管の血流を補う細い血管が発達します。継続すると、多くの人は歩ける距離が徐々に伸びてきます。

・薬物療法…血液を固まりにくくする「抗血小板薬」や、血管を広げて血流を改善する「血管拡張薬」などを服用します。動脈硬化の進行を抑える「スタチン」も有効です。

・閉塞栄動脈硬化症の危険因子(糖尿病、高血圧、脂質異常症)のコントロール…生活習慣の改善や薬物療法などで適切にコントロールします。

・足のケア…感染予防のために脚を清潔に保ち、家の中でも靴下を履いて過ごします。

重症の場合

「安静時にも脚が痛む」「潰瘍や壊死がある」「生活習慣や薬物療法では症状が改善しない」などの場合、外科的な治療で脚の血流を改善します。

・バイパス手術…脚の静脈や人工血管を使い、詰まった血管の代わりになる血液の新たな通り道(バイパス)を作ります。詰まっている部分が長い場合に行います。手術時間は3~4時間程度で、7~10日間の入院が必要です。

・カテーテル治療…詰まっている部分が短い場合に行います。カテーテルという細い管を脚の付け根の血管んから患部まで挿入して、カテーテルの先についている「バルーン(風船)」を膨らませて血管を広げます。多くの場合、そこに「ステント」という金属製の網状の筒を留置し、血管がふさがらないようにします。バイパスっ手術に比べて体への負担は軽く、治療時間は1~2時間で入院も3~5日程度です。ただし、閉塞範囲が3~5cmを越える場合には、ステントによる治療だと再び閉塞しやすいうえ、もとの症状より悪化する場合があるため、安易に行うべきではありません。血老後は抗血小板薬を服用して、ステントに血栓が付着するのを予防します。

脚以外の動脈硬化にも注意

閉塞性動脈硬化症があると、脚以外でも動脈硬化が進んでいる可能性が高く、脳梗塞や心筋梗塞の危険性が高くなります。閉塞性動脈硬化症が考えられる症状があれば、速めに受診して下さい。

鍼灸治療

ふたば鍼灸院では患者さんに問診をとった後、必ず血圧を測定し、脈診を行います。また、全身に対しての治療を行うため、手や足にも必ず触れることになります。

その際に、「最近歩いていると脚が痛くて立ち止まる。ちょっと休んだらまた歩けるようになる」という間欠歩行の症状を言っていたり、手や足の脈に左右差などが認められた場合には閉塞性動脈硬化症の疑いで、病院に紹介して検査を受けてもらうことがあります。その際は、紹介状を書くので、必ず検査してもらうようにしています。

閉塞性動脈硬化症の患者さんに対しては病院での治療と合わせて、鍼灸治療を行い、症状の軽減や病気の進行を防ぐことを目的に治療を行っていきます。

患者さんが一番気になる症状は「脚が痛い」ということが多いです。50m歩いた程度で休憩が必要となる場合などは遠くに外出することができなくなってしまうからです。そのため、問診では「休まずに一度にどのくらいの距離が歩けるか」ということを確認します。治療によって、100m歩けるようになったとか、300mまで増えた、など距離を伸ばせるようにしていきます。

まずは、具体的にどこが一番痛くなるかを確認していきます。人によってはふくらはぎが痛いこともあれば、太ももや腰やお尻まで痛むと違ってくるからです。痛みがあるところを指で押して、圧痛点を探してそこに鍼をしていきます。

また、灸を行うこともあります。灸は血流が良くなるツボを中心に行っていきます。内くるぶしの下の「照海」や内くるぶしの上方の「三陰交」、足の脛にある「足三里」などが良いでしょう。灸による血流改善のほか、痛みの軽減と冷えの改善もよく見られます。

そのほか、ふくらはぎにある「合陽」や「承山」、腰にある「腎兪」、お尻にある「次髎」などは、腰下肢の筋肉を緩めて痛みを軽減し、歩きやすくなるツボです。鍼も灸もいいですが、鍼の上にもぐさをつけて灸を行う灸頭鍼をすると、ポカポカと温もり、筋肉も緩むため非常に高い効果が見られます。

閉塞性動脈硬化症・合陽・承山

脚の血流をよくするために、足の甲にある「行間」というツボにも灸を行います。

閉塞性動脈硬化症は脚だけでなく全身の病気ですので、治療は脚だけではなく、全身にも行います。腹部や腕、首や肩などでも体に反応が出ているところを見て、反応点に対して治療を行っていきます。

生活習慣の改善と鍼灸治療をあわせて行っていると、痛みは減り、歩ける距離はだんだんと伸びていきます。

症例

60歳代・男性

肩凝りで来院された患者さん。最初は肩の症状しかおっしゃらなかったのですが、両手をとって脈を診ていると、脈の触れかたに大きな左右差があることを感じました。血圧計を使い右腕で計測してみると正常範囲でしたが、念のために左腕でも血圧を測ると左だけが異常に血圧の値が低く出ていました。

足でも脈をとると左右差が見られたことで、「脚のほうに症状はないですか」と尋ねると、痛みがあり、200~300mほど歩くと休憩が必要だと言います。この症状で病院にはかかっているのかどうかを確認したところ、特に受診しておらず治療をしていないというので、循環器科のある病院へ紹介状を書いて、検査を受けるようにお願いしました。

検査を行った結果、この方は閉塞性動脈硬化症であると診断を受けました。薬物療法を行い、痛みがあってもなるべく歩く運動をするようにと指導を受けたようです。その後は、肩凝りと合わせて、閉塞性動脈硬化症の鍼灸治療も行うことになりました。

腹診と脈診をして、全身へ鍼をしていきます。10分ほど鍼を刺したままにする置鍼をお腹や手足に行いました。さらに鍼を抜いた後は、同じツボに灸も行います。脚では足三里と三陰交に対して灸頭鍼も行いました。

さらに、うつぶせでは肩や腰、お尻にふくらはぎを触診し、ツボに鍼をしていきます。また、腎兪や合陽に対しても灸頭鍼を行いました。

この治療とは別に、患者さんが自分でも何かできることはないかとおっしゃられたので、自宅施灸をすすめました。最近はやりのせんねん灸、ではなく、もぐさを小さくちぎって線香で灸に火をつける昔ながらのお灸を行うことになりました。この方法は皮膚に直接灸をすえるために、熱く、灸の痕も残りますが、その分効果が高いやり方です。

定期的に来院されて治療を受け、自宅でも頑張ってお灸を続けた結果、痛みは軽減し、歩ける距離は格段に伸びました。最初は循環器の病院まで3回ほど休憩しながら通院していたのが、休憩なしで歩けるようになったといいます。

その後も、全身の治療と合わせて継続して治療を続けられています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.