Home » 鍼灸ニュース » 下肢静脈瘤

下肢静脈瘤ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

下肢静脈瘤とは

「下肢静脈瘤」とは、脚の静脈がこぶのように膨らみ、皮膚の表面に浮き出る病気です。

初期に典型的な症状は、脚の「だるさ」や「むくみ」で、朝よりも夕方に強く現れます。ただし、これらの症状は、長時間の立ち仕事、「心臓病」、「腎臓病」などが原因の場合もあります。進行すると、血管が浮き出たり、脚の血液の循環がわるくなって、皮膚に「色素沈着」や「湿疹」「潰瘍」などが起こったりします。

どんな病気か

下肢静脈瘤は珍しい病気ではなく、軽度のものを含めると日本人女性の約43%に見られるという報告があります。基本的に良性の病気なので、この病気自体が命にかかわることはありません。

心臓から送り出された血液は、動脈を通って全身に酸素や血液を運びます。毛細血管で二酸化炭素や老廃物を回収した血液は、静脈を経て心臓に戻ります。脚の静脈では、筋肉の収縮によって血液が下から上へ押し上げられています。このときに重力で血液が逆流しないように、静脈には弁が備わっています。

この弁が壊れると、血液が逆流して脚の静脈にたまるようになります。これが下肢静脈瘤です。一度壊れた弁は自然には治らず、放置すると徐々に悪化します。

下肢静脈瘤

下肢静脈瘤になりやすい人

・美容師や調理師など長時間の立ち仕事をしている人…長時間立ったままでいると、脚の筋肉があまり収縮せず血液が心臓にうまく上がらないため、弁に負担がかかります。

・妊娠痛の人…妊娠中は脚の付け根の静脈が圧迫されるほか、ホルモンの影響などで血管が軟らかくなるため、起こりやすいとされています。

・家族に下肢静脈瘤の患者さんがいる人…遺伝的要因も関係しているとされています。

また、肥満や高血圧は症状を悪化させます。

検査と診断

医療機関では脚を見たり、触ったりして、下肢静脈瘤なのかどうかや、皮膚症状の有無を調べます。詳しく調べるには、造影剤を注射して脚の静脈をエックス線で映し出す「静脈造影検査」を行います。痛みを伴い、繰り返し行えないのが欠点です。

現在は、血液の逆流の有無や範囲を画像で確認する「超音波検査」も普及しています。体への悪影響が無く、診断に重要な検査の一つです。

西洋医学的治療

治療上は、主に次の3つが行われています。

硬化療法

静脈瘤に細い針で「硬化剤」を注入し、静脈瘤を固めます。固めた静脈瘤は潰れてひも状になり、周りの組織に給されていきます。治療時間は5~10分程度です。

静脈瘤の程度によっては何度か行うこともあり、軽度の人や高齢者に向く治療法です。

ストリッピング手術

静脈にワイヤー状の器具を通して静脈瘤のある血管を引き抜く手術で、下肢静脈瘤の根本的な治療法です。手術は全身麻酔か下半身麻酔で行い、時間は1時間程度です。

通常は3~5日入院しますが、最近は日帰り手術を行っている医療機関もあります。

血管内レーザー治療

静脈瘤のある血管に「レーザーファイバー」を挿入し、血管な内側から静脈瘤にレーザーを照射して、血管を焼いて塞ぎます。局所麻酔で得行い、日帰り治療が可能です。

日常生活での対処

日常生活では、進行や再発の防止に「弾性ストッキング」を使うこともあります。脚を強く圧迫して、血液が静脈にたまらないようにするのを防ぐために行います。弾性ストッキングは医療機関で処方されるものもあれば、市販されているものもあります。

同じ姿勢で立っている時間をできるだけ短くし、脚を少し高くして寝るなど、脚に血液がたまらないように気をつけましょう。足首を回したり、つま先立ちをしたりしてこまめに脚の筋肉を動かすよう心掛けることも大切です。

鍼灸治療

ふたば鍼灸院の患者さんにも下肢静脈瘤のかたは多くおられます。やはり女性の方が多く、「見た目(美容)が悪いのがいや」と「脚がむくむ」「だるい」という症状を気にされる方が多いです。

むくみやだるさは取れやすいですが、静脈瘤自体は改善しづらいです。そのため、鍼灸治療では症状をとりつつ、進行や再発を防ぐ治療を行っていきます。

脚の筋肉は「第2の心臓」とも呼ばれています。脚にある筋肉を使うと、筋肉の収縮がポンプの働きとなって血液を体の上部(心臓)に送り届ける働きをしているからです。そのため、しっかりと筋肉がポンプの働きをしてくれれば、脚に血液がたまりにくいことになります。

筋肉がしっかりと働くためには、柔らかくしなやかでなければなりません。しかし、筋肉に硬結などがあればその分がうまく収縮されずにポンプ機能が低下してしまいます。そこで、脚の硬結をとるように鍼をしていきます。

特にふくらはぎは重要ですのでよく診ていきます。ふくらはぎのふくらみの上にある「合陽」や「承山」と言ってツボは反応がよく現れやすいツボです。ここに鍼を行います。鍼の上にもぐさをつけて灸を行う灸頭鍼という治療を行うこともあります。これは鍼の効果と灸の温める効果で、より硬結がほぐれやすくなります。

下肢静脈瘤・合陽・承山

そのほか、むくみやだるさを解消するために内くるぶしの下にある「照海」やその上方にある「三陰交」、足の脛にある「足三里」などにも鍼や灸を行います。

また、かかとの真ん中にある「失眠」もむくみに効果があるのでお灸をしていきます。ここは熱さを感じるまで灸を行うほうが効果が高くなるため、熱くなるまで何壮も灸をしていきます。

むくみやだるさは自律神経の乱れを調えると解消しやすくなります。そこで、鍼灸治療では脚だけではなく、全身のツボも使って自律神経を調整していきます。頭のてっぺんにある「百会」や、手首の上にある「内関」、背中や腰のツボなどにも鍼や灸を行っていきます。

全身の治療と足への治療を行いつつ、患者さんには運動や弾性ストッキングの使用を継続してもらい、治療を続けていきます。継続して治療していると、脚の色素沈着や湿疹などの改善も見られます。

症例

60歳代・女性

軽度ですが脚に静脈瘤がある患者さん。診察すると、脚の膝から下がむくんでパンパンに腫れていました。だるさも強いと言います。腰の痛みもあり、それも合わせて治療を行っていきます。

腹診や脈診を行い、全身へと鍼をしていきます。腹部や腕にも鍼をした後、脚では三陰交と足三里に灸頭鍼を行いました。

さらにその後、お灸もしていきます。脚のむくんでいる部分に等間隔に印をつけていき、そこへ灸を行います。灸は八分灸と言って、熱さを緩和するために火が消える直前にもぐさの周りの皮膚をグッと押さえるように行いました。一瞬チクリと熱さを感じる灸のやり方です。

脚への八分灸を終えてから、失眠へも灸を行いました。その後、背中や腰にも鍼をしていきます。

そして、最後に、腰と脚に灸頭鍼を行いました。脚は合陽へ灸頭鍼を行います。

治療を続けていると、パンパンになっていた脚はむくみが無くなり、半分くらいに見えるようになったので患者さんも喜んでおられました。ただし、夕方になってくると朝よりもむくむため、現在も治療を継続されています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.