Home » 鍼灸ニュース » 胃・十二指腸潰瘍

胃・十二指腸潰瘍ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

胃・十二指腸潰瘍とは

胃潰瘍、十二指腸潰瘍とは、胃や十二指腸の粘膜が胃酸などで傷つけられ、孔ができた状態のことで、あわせて「消化性潰瘍」といいます。

胃の痛みが代表的な症状で、みぞおちあたりがしくしくと、あるいは絞られるようにキューっと痛みます。胃潰瘍の痛みは空腹時や食後に、十二指腸潰瘍では空腹時や夜間に起こりやすい傾向があります。

そのほか、胸焼け、ゲップ、吐き気、胃もたれ、胸部の膨満感や食欲不振、背中の痛み、潰瘍から出血が起こって便に血が混じる下血や吐血、貧血が見られることもあります。

消炎鎮痛薬を常用していたり、高齢者などで複数の薬を服用している場合には、潰瘍による痛みを感じにくくなっており、見逃されることもあるので注意が必要です。

胃・十二指腸潰瘍の症状

どんな病気か

食べ物を消化するために、胃の粘膜からは、強い酸性の胃酸や消化酵素のペプシンを含む胃液が分泌されます。胃液の消化力は、胃や十二指腸の粘膜を溶かすほど強力なため、粘膜を守るために、同時に粘液も分泌されています。

粘膜を傷つける胃酸や消化酵素などを「攻撃因子」、粘膜を覆う粘液、粘膜に酸素や栄養を運ぶ血流(粘膜血流)、胃酸から粘膜を守るアルカリ(重炭酸塩)などを「防御因子」といい、両者がバランスを保っているのが健康なっ状態です。ところが、このバランスが崩れ、粘膜の防御機能が弱まると、潰瘍が発生します。

潰瘍が起こる仕組み

胃潰瘍は主として防御機能が弱まって胃粘膜にキズができ、その部分が胃酸の刺激にさらされることで傷が深くなり、潰瘍へと進行します。

一方、十二指腸潰瘍は、胃酸の分泌が増えることで起こります。胃酸が多いと、十二指腸の胃に接する部位に、胃の粘膜に似た組織(胃上皮化成)が生じます。そこにピロリ菌が住みつくと粘膜が弱まり、傷ができます。さらに、十二指腸の粘膜は胃粘膜よりも酸に対する抵抗力が弱いので、流れてくる胃酸にさらされて潰瘍が起こると考えられています。このため、胃酸の分泌を高める脂肪分の多い食事などは、十二指腸潰瘍を起こしやすくします。

最大の要因

消化性潰瘍は次のような要因で起こりやすくなります。

ピロリ菌

胃に感染すると、ピロリ菌はアルカリ性のアンモニアを産出して胃酸から身を守る環境を作り、胃の粘液中に住みつきます。このアンモニアや、ピロリ菌の出す毒素などが胃の粘膜を攻撃して炎症を引き起こします。また、体にとって異物であるピロリ菌に対して起こる様々な免疫反応も、粘膜の障害に関与すると言われています。

日本では、胃潰瘍の患者さんの70~80%、十二指腸潰瘍では約90%がピロリ菌の感染者で、ピロリ菌が消化性潰瘍に深く関係していると考えられています。

非ステロイド抗炎症薬(NSAIDs)

薬の成分が胃酸の分泌を高めたり胃の粘膜を守る作用を弱めたりします。痛みどめ、解熱薬、脳梗塞や心筋梗塞の再発予防のために血を固まりにくくする抗血小板薬などとして使われるほか、市販の風邪薬の多くにも含まれています。

ストレス

心身への強いストレスは、自律神経の働きを乱し、粘膜の血流に悪影響を及ぼすなど、粘膜の防御作用を阻害することがあります。ストレスと他の要因が絡み合って潰瘍を起こすと考えられています。

そのほか、、喫煙や飲酒、強い香辛料の摂取などもバランスを崩す要因として挙げられます。

潰瘍の進行度の分類

潰瘍は、傷がどの程度深いかにより、次のように分類されます。

胃と十二指腸の壁は内側から粘膜上皮、粘膜下層、筋層、漿膜の4層からなります。傷が粘膜にとどまっている場合はⅠ度で、「びらん」と呼ばれます。傷が粘膜下層に及ぶとⅡ度、筋層までがⅢ度、漿膜まで達するとⅣ度で、Ⅱ~Ⅳ度を「潰瘍」といい、壁を突き破った場合が「穿孔」となります。

胃・十二指腸潰瘍

検査と診断

潰瘍の状態を調べる検査

内視鏡を挿入し、胃や十二指腸の内壁を直接観察します。潰瘍が見つかれば、粘膜の組織の一部を摂取し、癌との鑑別を行います。口から挿入する傾向内視鏡と、鼻から挿入する経鼻内視鏡があります。

他に、バリウムを使ったエックス線造影検査で、胃や十二指腸の内壁を調べることもあります。

ピロリ菌感染の検査

潰瘍が確認された場合は、ピロリ菌感染の有無を調べます。

内視鏡で組織の一部を採取して検査する方法には、検査薬の色の変化で調べる「迅速ウレアーゼ試験」、組織を培養して調べる「培養法」、組織を染色して顕微鏡で調べる「組織鏡検法」などがあります。

内視鏡を使わない方法としては、吐く息を調べる「尿素呼気試験」、血液や尿の中のピロリ菌に対する抗体の有無を調べる「抗体検査」、便にピロリ菌の一部が含まれているかどうかを調べる「便中抗原検査」などがあります。

従来は内視鏡検査が必須でしたが、最近は尿素呼気検査が主流になっています。1つの検査で陰性の場合は、別の方法で再確認します。

西洋医学的治療

胃・十二指腸潰瘍の治療は、原因を取り除くピロリ菌の除去と、潰瘍を治す治療に大別されます。出血が認められる場合には、まず内視鏡を使って止血治療が行われます。止血の方法には、止血剤の注入、レーザー照射による凝固止血、金属製の止血クリップを使う方法などがあります。

ピロリ菌の除去治療

ピロリ菌の感染が確認された場合に行われます。ピロリ菌の除菌によって、潰瘍が再発しにくくなることが分かっています。

除菌には、アモキシシリンとクラリスロマイシンという2種類の抗菌薬と、胃酸の分泌を抑制するプロトンポンプ阻害薬(PPI)の計3種類を7日間服用します。抗菌薬は胃酸が強いと作用しにくいため、プロトンポンプ阻害薬を併用することで抗菌効果が高まります。

薬の服用を途中でやめると、除菌効果が低下するだけでなく、抗菌薬の効かない耐性菌が出現しやすくなるので、7日間きちんと服用します。

4~6週間後に再検査し、除菌できたかどうかを判断します。現在、除菌率は約80%で、除菌が成功しなかった場合は、クラリスロマイシンをメトロニダゾールに変えて、二次除菌を行います。

潰瘍治療

胃酸の分泌を抑えるプロトンポンプ阻害薬が第一選択薬で、8週間服用することが推奨されます。ほかにH2受容体拮抗薬、選択的ムスカリン受容体拮抗薬などが使われます。

鍼灸治療

鍼灸治療では「攻撃因子」と「防御因子」のバランスをとるように治療を行っていきます。

人の体には無数の経穴(ツボ)が存在します。これらのツボは、体に異変が起こった時に体表に現れてくる反応点であり、その反応点へ鍼や灸を行うことで、体の異常が修正される仕組みになっています。

長い歴史の中で発見されたツボの中でも、特に「胃を正常化する」効果の高いツボというのがあります。それらのツボに反応が見られたら、そこへ治療を行うことで、胃酸の量を減らし、胃酸から守るための粘液の量を増やすことで、潰瘍を治します。

まずは、臍とみぞおちの中間にある「中脘」というツボが胃疾患に対してよく効果のあるツボとして知られています。鍼や灸を行いますが、みぞおちの痛みなどがある場合には、灸頭鍼を行うこともあります。鍼の上にもぐさをつけて灸を行う灸頭鍼は一度に鍼と灸の両方の効果を得ることができます。

また、足にも胃疾患によく効くツボがあります。足の脛にある「足三里」というツボです。このツボは「足の陽明胃経」という経絡に属するツボで、ほかの胃経のツボも胃疾患に効果があるため使用することがあります。

そのほか、背中にも胃疾患に効果のあるツボがあります。背骨の少し横に位置するツボで、「膈兪」「肝兪」「脾兪」というツボです。これらのツボは背骨の左右にあるため、合わせて6つのツボを「胃の六つ灸」と呼んでいます。6か所同時に治療することもあれば、反応が出ているいくつかのツボだけを使用することもあります。

胃の六つ灸

胃・十二指腸潰瘍はストレスがかかわっていることも少なくありません。ストレスを減らす、解消することも大切で、ストレスがかかってしまっている体を治す必要もあります。胸の中央にある「膻中」や頭のてっぺんにある「百会」などはストレスがあるときに反応の出やすいツボで、これらを使用することもあります。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.