Home » 鍼灸ニュース » クローン病

クローン病ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , , , ,

クローン病とは

口から食道や胃、小腸、大腸、肛門へとつながる長い消化管のどこかに、慢性的な炎症や潰瘍が起こる病気に、「クローン病」があります。

炎症や潰瘍は、特に小腸の終わりの部分と大腸によく起こり、「腹痛」「下痢」「下血」「痔」など、お腹や肛門に関する症状が現れます。進行すると、「発熱」「体重減少」「貧血」などの全身症状が起こることもあります。

腹痛や下痢が何か月か続く「活動期」と、症状が治まっている「寛解期」を交互に繰り返すのが特徴です。活動期と寛解期を繰り返すうちに腸管の一部が狭くなり(狭窄)、便を先に送ることができなくなると、別の部位への通り道(ろう孔)ができます。また、腸管からお尻の表面まで便の通り道ができる「痔ろう」がよく起こります。

クローン病

どんな病気か

かつて、クローン病は日本では珍しい病気でしたが、年々増加しています。患者数は約3万人とされ、多くは10~30歳代で発症します。完治が難しく、「特定疾患(いわゆる難病)」に指定されています。

原因はよくわかっておらず、体内に侵入した異物から体を守る「免疫」の働きのバランスが崩れ、食べ物などにまで過剰な反応を起こして、発症するのではないかとされています。

検査と診断

まずは問診で症状を確認します。その後、「便培養検査」などを行って他の腸の病気の有無を調べたのち、大腸や小腸の炎症、潰瘍の有無やその程度を調べるために「大腸内視鏡検査」や「エックス線撮影」を行います。

発熱などがあれば、「CT(コンピュータ断層撮影)検査」や「MRI(磁気共鳴画像)検査」を行い、腸管の狭窄やろう孔、膿瘍(膿の塊)の状態などを調べます。

西洋医学的治療

治療では、活動期からできるだけ早く寛解期に導き、その状態を維持することが目的となります。

日本では、「薬物療法」と「栄養療法」が基本です。薬物療法は活動期にも寛解期にも行いますが、栄養療法は活動期が中心です。腸管の狭窄やろう孔があれば、手術を検討します。

薬物療法

炎症を抑えたり、防いだりするために行われます。基準となる「5-ASA製剤」に「抗菌薬」や「ステロイド薬」「免疫調整薬」などを組み合わせて治療をすすめます。

最近では「抗TNF-α抗体製剤」が使われるようになっています。クローン病の症状にかかわる「TNF-α」という免疫物質の働きを抑える薬で、ほかの薬では症状が改善されなかった患者さんでも高い効果が見られます。粘液を健康な状態に治す効果も期待できます。

栄養療法

炎症の原因となりやすいたんぱく質が少なく、アミノ酸を豊富に含んだ低脂肪の「成分栄養剤」を摂取します。粉状の栄養剤を水に溶かして使います。活動期は鼻から細いチューブを入れて、胃や腸へとゆっくり注入します。寛解期へ移行してきたら、量を減らし、口から摂取します。

状態に合わせて、成分栄養剤と通常の食事をとります。

日常生活での注意

腸への負担が少ない、低脂肪で適度なエネルギー量の食事をとることが基本です。

クローン病と特に関係しているたばこはやめて禁煙しましょう。趣味などを楽しんでストレスをためないようにしましょう。肛門は清潔に保ち、痔を予防し、悪化を防ぎます。

鍼灸治療

クローン病への鍼灸治療は「活動期の症状を抑える」ことと「寛解期を持続させる」ことを目的として行っていきます。

使用するツボは全身にあり、それぞれ起こっている症状に合わせたものと、全身治療をあわせて、患者さんによって調整していきます。

腹痛や下痢、下血などの腸管の症状に対しては、お腹にある「中脘」や「関元」「天枢」「太巨」などといったツボを使っていきます。10分ほど鍼を刺したままにする置鍼を行ったり、灸点紙を貼りその上からお灸をすえていくこともあります。また、灸頭鍼や箱灸などでお腹内部を温めることもあります。

クローン病・中かん・関元・天枢・太巨

また、痔の症状があるときにはその治療も行います。前腕部にある「孔最」というツボや、頭のてっぺんにある「百会」、骨盤にある「次髎」などといったツボを使用します。痔の際には灸のほうが効果が高く出ます。熱さを感じるまで、何壮も灸をしていくことが多いです。

全身治療では腹診や脈診を行って使用するツボを選定していきます。お腹以外にも手や足のツボを使い、さらに背中や腰のツボも使用します。特に背中には内臓に関連したツボが多数並んでおり、消化管のどこで炎症が起きているかによっても反応の出ているツボは違います。指で触診して、患者さんに合ったツボへ刺激を加えて内臓を治療していきます。

症例

20歳代・男性

もともと腹部に様々な症状が出ていた患者さん。薬物療法を続けていましたが、思うように改善しなかったといいます。病院で受けた診断は「潰瘍性大腸炎」ということで、最終的に手術を行うことになったようです。

しかし、手術後も症状に変化があまりなく、別の病院で再度検査を行うと潰瘍性大腸炎ではなく、クローン病だったと判明しました。

現在の症状としては、腹痛があるほか、大腸摘出により正常な便が作られず水分の多い便が出るのが困るということでした。また、股関節にも症状があるとのことで、そこも合わせて治療を行うことになりました。

腹診と脈診を行い、お腹や手足に置鍼を行っていきます。10分ほど置鍼を行う、鍼をしたツボに灸点紙を貼りお灸もすえることにしました。

その後、うつぶせになり、肩から腰、足へとかけて触診をして、硬結などの反応点に鍼をしていきます。股関節周りの筋肉も緩めて動きやすいように治療をして、最後に背中全体を灸頭鍼で温める治療を行いました。

数か月治療を続けた結果、腹痛はおさまり、便も水様便が少し軟らかいですが形のある便へと変化してきたということです。特に、常に便が気になっていたのがなくなったことで、日中の仕事に集中できるようになったのが良かったとおっしゃられていました。

治療を終えて、数年後に再び来院されたときにお話を伺うと、その後はさらに調子が良くなっているとのことです。体つきもガッチリとした体へと変化していました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.