Home » 鍼灸ニュース » NASH(ナッシュ)

NASH(ナッシュ)ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , , ,

NASH(ナッシュ)とは

肝臓の細胞(肝細胞)の30%以上に「中性脂肪」がたまった状態が、「脂肪肝」です。

脂肪肝(単純性脂肪肝)の多くは、進行しない良性の病気です。しかし、脂肪肝から肝臓に炎症が起きて「脂肪肝炎」を発症すると、肝臓が線維化して硬くなる「肝硬変」や「肝がん」に進む危険性があります。

脂肪肝や脂肪肝炎はお酒を大量に飲む人に多く見られますが、脂肪肝は「肥満」や「糖尿病」「高血圧」「脂質異常症」などの生活習慣病とも密接な関係があります。お酒をあまり飲まない人でも、こうした「メタボリックシンドローム」の要素を原因として、脂肪肝や脂肪肝炎を発症するケースが増えています。この、アルコールが原因ではない脂肪肝炎を「NASH(非アルコール性脂肪肝炎)」といいます。

脂肪肝からNASHに進むのは脂肪肝全体の2割程度で、2つのきっかけによって進行します。脂肪肝やNASHには特に自覚症状はなく、気づいたときには肝硬変に進行している人がNASH全体の1~2割程度に見られます。

NASHに気を付けたい人

NASHは、メタボリックシンドロームの要素を多く持つほど発症しやすくなります。食べ過ぎや運動不足など、メタボリックシンドロームにつながる生活を送っている人や、「睡眠時無呼吸症候群」がある人も要注意です。

女性は閉経以降、NASHを発症する人が急増します。

NASHを起こしやすい人

検査と診断

脂肪肝は、健診などで脂肪肝や肝機能の異常を指摘されてわかることがほとんどです。異常が見つかったら、医療機関で詳しく調べます。

まずは問診で、飲酒量やメタボリックシンドロームの要素の有無が聴かれます。1日のアルコール摂取量が20g未満であれば、飲酒が原因ではないと判断されます。「血液検査」では、ウイルスや免疫の病気などが原因ではないかどうかや、肝機能、肝臓への鉄の蓄積や線維化の程度などを調べます。肝臓への脂肪の蓄積の有無は「超音波検査」などの画像検査で確認します。

NASHが疑われる場合は、肝臓の組織を採取して顕微鏡で詳しく調べる「肝生検」を行い、診断を確認します。

一般的な治療

脂肪肝もNASHも、治療の基本は肥満や生活習慣の改善です。急激なダイエットは病状を悪化させるため、食生活の改善と運動で「1カ月に2~3kg減」を目指します。

生活習慣の改善

・食生活…適正な摂取エネルギー量、たんぱく質や脂肪の摂取量を守り、バランスの良い食事をとります。検査で鉄の蓄積が分かった人は、鉄の摂取量を1日6mg以下に抑えます。酸化による肝障害を防ぐため、ビタミンEを多く含む食品を積極的にとります。

・運動…ウォーキングや水痛の運動など、軽く汗ばむ程度の運動を1日20分以上、週3回程度行いましょう。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病がある人は、その治療も行っていきます。

炎症や線維化を抑える治療

肝臓の炎症や線維化を抑える治療もあわせて行います。

主に行われるのが「酸化ストレス」を抑える「抗酸化ストレス療法」です。酸化ストレスは活性酸素によって起こり、炎症や線維化を促進します。一定量の血液を採取して肝臓の鉄を除去する「瀉血療法」や「ビタミンE]や「ウルソデオキシコール酸」の服用などを行います。「インスリン抵抗性改善薬」や、降圧薬の「ARB」や「ACE阻害薬」を使うこともあります。

鍼灸治療

NASHはお酒を飲まないにも関わらず脂肪肝になり、さらには肝硬変や肝がんなどにもつながってしまう病気です。かつては肝がんや肝硬変はアルコールや肝炎ウイルスが原因と考えられていたのですが、かなりの数が「生活習慣」がかかわっているということがわかってきました。

鍼灸治療を行う際は、やはり食事や運動といった生活習慣の改善と合わせて行っていく必要があります。ただ、NASH自体に何か症状があるというわけではないため、ほかの病気や症状の治療をあわせて行う人のほうが治療が継続しやすいという面があります。

まずは食事です。特に肥満がある人は減量が必要になります。鍼灸治療はこの減量をサポートすることができます。

食べすぎてしまう人というのは、満腹感を感じるよりも早く多くの食品を食べて過剰なエネルギーをとってしまいます。そこで、満腹中枢を刺激するツボを使用して、食べ過ぎを防いでいきます。

よく使用するのは「耳つぼ」です。耳を触診して指で押さえるとほかの場所よりも圧痛を感じるところへ「皮内鍼」を行います。皮内鍼というのはごく小さな鍼を刺して上からテープで留める治療法で、テープを貼っている間は常に鍼の刺激をツボに与えることが可能です。鍼が体に入っていくということもなく、安全な治療法です。

ほかにも「胃腸の働きをよくする」治療も行います。普段食べすぎている人は実は胃腸が弱っており、きちんと働いていません。胃が働かなければ満腹感を得にくいですし、腸がきちんと働かなければ便通が悪くなります。腸内細菌はさまざまな生活習慣病とかかわっていますので、便通の改善も大切なのです。

胃腸の調子をよくするにはお腹にある「中脘」や「太巨」といったツボや、足の脛にある「足三里」をよく使用します。鍼をしたり灸を行っていきます。

これらの治療のほか、肝臓に効果のあるツボも使用していきます。お腹であれば左右の肋骨の下にある「期門」や、背部にある「肝兪」などがいいでしょう。鍼や灸をするほか、灸頭鍼などで体を温めることもあります。

NASH・中脘・期門・太巨

肝臓がいつまでも元気でいられるように、定期的に治療を行っていきましょう。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.