Home » 鍼灸ニュース » 慢性腎臓病

慢性腎臓病ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

慢性腎臓病とは

腎臓は、背中側の腰のあたりに左右1つずつある臓器で、血液をろ過して尿を作る働きなどがあります。さまざまな原因で腎機能の低下や、腎臓の障害がおこった状態を「慢性腎臓病」といいます。

日本の慢性腎臓病の患者数は約1300万人で、そのうち、慢性腎臓病が進行した場合の治療法となる「透析療法」を受けている患者さんは約28万にとされています。その数は年々増加しています。

主な原因と疾患

「高血圧」や「糖尿病」、それに中高年に多い次のような腎臓の病気が、慢性腎臓病の原因となります。

・糖尿病腎症…糖尿病によって、血液をろ過する腎臓の「糸球体」が障害されます。

・慢性糸球体腎炎…「細菌感染」や「膠原病」などの免疫の病気によって、糸球体に炎症が起こります。

・腎硬化症…高血圧が長く続くことで、糸球体やその先の毛細血管の壁が硬くなる「動脈硬化」が進行し、血流が悪化します。

慢性腎臓病の症状

慢性腎臓病は、進行しないと自覚症状がほとんど現れません。腎機能が健康な人の30%未満に低下すると、血液中の老廃物や体内の余分な水分が排泄できなくなり、「むくみ」や高血圧が起こります。「貧血」「だるさ」「食欲低下」「吐き気」などが現れることもあります。

慢性腎臓病の症状

検査と診断

慢性腎臓病は、できるだけ早いうちに発見して治療を始めると、進行が抑えられ、「腎不全」や心血管疾患の発症率が低下します。早い段階で慢性腎臓病を発見するためには、定期的な「尿検査」と「血液検査」が重要です。

この検査を受けることで、体内の細い血管に起こった動脈硬化によって生じた腎機能の低下もわかります。そのため、心筋梗塞や脳卒中などの心血管神経の発症の危険性を知ることにもつながります。

尿検査

主に、尿中に現れるたんぱくの量を調べます。

尿にたんぱくが出ていると、出ていない人に比べて腎臓病が進むことが多くなります。さらに、「血尿」が出ていたり、尿中のたんぱくの量が多いほど、腎機能の低下は早くなっていきます。

ただし、健康な人でも発熱時や激しい運動後などは、尿中にたんぱくが現れることがあります。正確な診断を受けるために、検査結果が「±」以上の場合は、必ず再検査を受けましょう。

血液検査

血液検査では、血液中の「クレアチニン」という老廃物の量を調べます。クレアチニンは主に筋肉でつくられ、不要になると糸球体でろ過され、尿に含まれて排出されます。腎機能が低下するとクレアチニンがうまく濾過されずに、血液中に残ってしまいます。血液検査でのクレアチニンの値をもとに、性別や年齢などを加味した計算式に当てはめて「推算糸球体濾過量」を計算することができます。推算糸球体濾過量とは、糸球体が1分間に濾過できる血液の量のことで、腎機能の程度を示す指標になります。

定期検査が必要な人

糖尿病や高血圧、脂質異常症などの生活習慣病や肥満がある人、尿路の病気や膠原病がある人などは、定期的に検査を受けましょう。

また、家族に慢性腎臓病の患者さんがいる人、非ステロイド抗炎症薬を常用している人、たばこを吸っている人、高齢者も定期的に検査を受けたほうが良いでしょう。

尿チェック

朝一番の尿の色が茶色や赤ワイン色だったり、30秒たっても尿の泡立ちが消えないときは、一度調べてみたほうが良いでしょう。

西洋医学的治療

治療の基本は、「生活・食事指導」と「薬物療法」です。

生活・食事指導では生活習慣の改善委取組、薬物療法では高血圧を改善するため、「血圧コントロール」を中心に行います。そのほか、慢性腎臓病に至った原因に合わせた治療が行われます。

慢性腎臓病の病期

生活・食事指導

1日の食事の量を調節し、栄養剤などの取りすぎを改めたりすることで、次のような生活習慣を改善します。

・塩分の取りすぎ…塩分の取りすぎは高血圧を招き、腎臓の働きに悪影響を与えます。腎機能が低下すると、むくみなどが起こります。

・エネルギーの取りすぎ…血糖値が高い状態が続く糖尿病につながり、糖尿病があると、糸球体の毛細血管に動脈硬化などの障害が起こります。

・タンパク質の取りすぎ…血液中に老廃物として残り、腎臓の負担になります。

・脂質の取りすぎ…血液腸の脂質の状態を悪化させ、高血圧や動脈硬化をすすめます。

薬物療法

腎機能の低下がそれほど進んでいない人では、特に重要な医療です。並行して、糖尿病など、慢性腎臓病の原因に対する治療もおこなわれます。

主に、血圧を下げる作用のある「アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬」と「アンジオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ARB)」のどちらかを使い、収縮期血圧を130mmHg未満、拡張期血圧を80mmHg未満に抑えることを目指します。尿中にたんぱくが1日1g以上出ている場合には、収縮期血圧を125mmHg未満、拡張期血圧を75mmHg未満に維持します。

腎代替療法

慢性腎臓病が進行して腎不全に至ると、「腎代替療法」が必要になります。腎代替療法には大きく分けて「透析療法」と「腎移植」があります。

透析療法は、機能が著しく低下した腎臓の働きを補う治療です。人工的に血液をろ過して血液中の老廃物や余分な水分を取り除くことで、体調を整えたり、体力の回復を図ります。通院の回数が増えたり、食事制限などが厳しくなりますが、適切な治療を続けることで、日常生活を送ることができます。

鍼灸治療

人間の体は全身を血液が流れており、血液では老廃物を運んでいます。この血液は腎臓でろ過されることで、老廃物は体から排泄して、必要な物質は再び血液を通して全身へとめぐっていきます。

これができなくなってしまうのが「慢性腎臓病」です。腎臓の機能が低下している場合にはすぐにでも治療を開始し、生活習慣を改めなければなりません。

しかし、慢性腎臓病になったからと言ってすぐに症状が現れるわけはないため、多くの人は糖尿病として治療を始めるか、人工透析を受けるくらいになるまで本腰を入れて治療を行わないことも多いです。腎機能が低下している場合はすぐに検査を行い、治療を開始することが大切です。

鍼灸治療も慢性腎臓病に対して治療を行っていきます。治療としては「腎臓の負担を減らす」ことで機能低下を防ぐことと「体の症状をとる」ことが主になります。

腎臓の働きは老廃物の濾過であり、濾過されたものは小便として体外へと排出されます。そのため、小便がしっかりと出る必要があります。まずはこれを治療していきます。

かかとの真ん中にある「失眠」というツボに熱さを感じるまでお灸をすえていきます。失眠は不眠症のツボとして有名ですが、水分代謝にも効果のあるツボです。お灸をすることでしっかりと小便を出せることができ、腎臓の負担が減らせます。

また、足の内くるぶしの下にある「照海」というツボもよく効きます。ここへもお灸をすえたり、鍼を行います。冷えが強い場合には照海や「三陰交」にたいして灸頭鍼を行うこともあります。

そのほか、おへその少し上にある「水分」というツボや、骨盤にある「次髎」といったツボも水分代謝を助けてくれるツボです。

骨盤よりも少し上の第2腰椎の外方に「腎兪」というツボもあります。ちょうど、腎臓に近い体表面にあるツボで、古来より腎疾患に対してよく用いられてきたツボです。このツボへ鍼や灸を行います。腎臓が悪くなると腰痛が出やすいため、腰痛治療と合わせて腎兪を用いることも多いツボです。

慢性腎臓病が進行して尿を作れなくなった場合、機械で血液をろ過して体外へと排出する「透析療法」を行うことになります。現在はこの透析療法が非常に発展して、日常生活を送りながら治療が続けられるようになってきています。しかし、一度の透析で4時間ほどベッドに寝ている必要があり、週に3回は病院へと通院する必要もあります。

このような透析治療を受けている人は体に様々な症状が現れやすいです。透析自体が体力を消耗してしまいますが、さらに体中に痛みが出ることも多いです。

鍼灸ではこのような痛みなどの体に現れている症状も合わせて治療していきます。患者さんによって現れる症状が違いますが、それぞれの患者さんに合わせて治療を行うことで、少しでも「体が楽な状態」になるように治療していきます。

症例

60歳代・男性

40歳代で病気になり、その後腎機能が低下していき、数年前から透析療法を開始した患者さん。週に3回、1回4時間の透析治療により体がしんどいこともあり、何とかならないかと来院されました。

問診をとり、腹診や脈診を行うとやはり体の水分代謝が落ちており、体を触るとふにゃっとして体力の充実というものが感じられません。また、腕や肩、脚などあちこちが痛み、病院ではシップをもらうくらいであまり効果がないと言います。

水分代謝の向上と、痛みに対して治療を行っていくことになりました。

慢性腎臓病・百会・肩井・曲池・中脘・関元・三陰交・足三里・腎兪・次髎

太極療法によって全身のツボへ10分ほど鍼を刺したままにする置鍼を行います。「百会」「肩井」「曲池」「中脘」「関元」「足三里」「三陰交」へと鍼をします。

その後、鍼を抜いたら灸を行うことにします。「百会」と「次髎」「失眠」に対してお灸を行います。百会と失眠は熱さを感じるまで灸をすえていきます。

そして、足の脛や、上腕、肩甲骨回りなどに痛みがあるため、痛みを引き起こしている筋肉に対して鍼を行い、最後に背中全体を灸頭鍼で温めていきました。この時、腎兪なども温めています。

治療中は「気持ちいい」と言ってぐっすりと眠っていることが多く、治療が終わると「すっきりした」と言って帰られていきました。透析を行うとやはり疲れが出て、その都度あちこちに痛みが出るのですが、毎回どこが痛むのかを確認して治療を続けていきました。透析療法は今後やめることはできませんが、鍼灸治療で楽になるから何とかやっていけているとおっしゃっていただけました。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.