Home » 鍼灸ニュース » 前立腺肥大症

前立腺肥大症ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

前立腺肥大症とは

前立腺は、男性だけにある生殖器官の1つで、膀胱の出口部分に尿道を取り囲むように位置しています。前立腺には、精液の3分の1を占める「前立腺液」を分泌する働きと、排尿をコントロールする働きがあります。

前立腺肥大症は、この前立腺の「内腺」が肥大して大きくなる病気です。加齢に伴って多くなり、尿トラブルの原因となりますが、前立腺肥大症が起こる原因はまだよくわかっていません。男性ホルモンが影響したり、動物性脂肪の多い食事などの環境要因が関係しているのではないかと考えられています。

前立腺肥大症は50歳ごろから徐々に増えていきますが、この年代の男性は「前立腺がん」にも注意が必要です。

前立腺がんでは、初期にはほとんど症状がありませんが、進行してがんが大きくなると、尿が出にくくなったり、血尿が出るなどの症状がみられることがあります。

このことからも、排尿に関して何らかの異常が見られたら、検査を受けておくほうが良いでしょう。

前立腺肥大症

症状

前立腺はいくつかの領域に分かれており、加齢に伴って一番内側の内腺が肥大すると、排尿のトラブルが起こるようになります。

具体的な症状としては、肥大した前立腺が尿道を圧迫するため、尿の出が悪くなる「排尿困難」が生じます。

また、尿が膀胱に残って尿を出し切った感じがしない「残尿感」や、排尿の回数が増える「頻尿」が起こる人もいます。中でも、夜、就寝中に起こる「夜間頻尿」のために、睡眠が妨げられて困るという人が多いです。

そのほかにも、急に尿意が起こってトイレに間に合わない感じがする「尿意切迫感」や、尿意はあるのに尿を出せなくなる「尿閉」が起こることもあります。

尿の出が悪くなって、膀胱内にたまる尿量が増えると、「膀胱結石」ができやすくなったり、「尿路感染症」を起こす危険性も高くなります。

さらに、慢性的に排尿障害が続くと腎臓にも影響が及びます。尿道からの圧迫が加わって腎臓が膨らむ「水腎症」になったり、腎機能が低下して「腎不全」を招く恐れがあります。

前立腺肥大症の症状

検査と診断

診断のために最も大切なのは「問診」です。排尿にかかわる症状の有無やその程度、日常生活に支障をきたしているかどうかを聴き、重症度を判定します。

また、医師が肛門から指を入れ、直腸の壁越しに前立腺を触れる「直腸診」や、肛門から器械を入れて超音波で前立腺大きさや形を調べる「超音波検査」が行われます。

必要に応じて、排尿量や排尿の勢いなどを調べる「尿流量検査」を行ったり、前立腺がんとの鑑別のために、「PSA(前立腺特異抗原)」の血液中の量を調べることもあります。PSAの値は、前立腺肥大症でも上昇するので、慎重に鑑別します。

薬物療法

前立腺が肥大していても、必ずしも治療が必要というわけではありません。検査の結果や症状、患者さんの希望をもとに治療方針を決定します。治療を行う場合、薬物療法を行う人が多いです。

前立腺や尿道の緊張を緩める

前立腺肥大症の薬物療法でもっともよく用いられているのは「α1遮断薬」です。

α1遮断薬は、もともと降圧薬として開発されたため、頻度は多くありませんが、副作用として、血圧が下がり「立ちくらみ」「めまい」「頭痛」などが現れることがあります。

前立腺の肥大を抑える

前立腺の肥大は、加齢で分泌が減少した男性ホルモンを前立腺が少しでも多く取り込もうとして起こるとも言われています。

そこで、男性ホルモンの前立腺への作用を抑える「抗男性ホルモン薬」を用いると、前立腺を縮小させることができます。ただし、治療の効果が現れるまでには数か月かかることもあります。

抗男性ホルモン薬を使うと、「性欲低下」「勃起障害」「乳房の女性化」などが現れたり、「肝機能障害」が起こることもあります。

そのほかの薬

症状を和らげる目的で「漢方薬」や「植物製剤」が浸かられることもあります。前立腺の腫れや炎症を取り除く作用があり、頻尿や排尿困難、残尿感などの症状を和らげます。

また、膀胱が過敏になっていて頻尿が起きている場合には「抗コリン薬」を併用することもあります。膀胱を収縮させる働きがある副交感神経の作用を抑えたり、膀胱の筋肉の緊張を取り除いて弛緩させる作用があり、頻尿を軽減する効果があります。

手術療法

薬の効果が見られない場合や、尿閉を繰り消すなど、重症の場合は「手術療法」が検討されます。

現在もっともよくおこなわれている方法が、「TURP(経尿道的前立腺切除術)」です。

尿道に内視鏡と電気メスを入れ、先端の電気メスを使って内腺を削り取ります。削り取った内腺は、いったん膀胱内に入れておき、後で吸引器を使って取り出します。

手術に要する時間は1時間半程度で、入院期間は5日~1週間ほどです。

術後に、射精した精液が膀胱内に逆流する「逆行性射精」が起こることが多く、「尿漏れ」や「血尿」「排尿困難」などが起こることもあります。

また、この手術は出血を伴うため、「抗血小板薬」や「抗凝固薬」などの血液を固まりにくくする薬を使っている人は、事前に薬の服用量などを調整する必要があります。

近年、より出血の少ない方法や手術中の合併症を防ぐ方法の開発も進んでいます。

レーザー治療

電気メスの代わりに「ホルミウムレーザー」というレーザーを使った治療法も行われています。出血が少ないなど、TURPよりも体への負担が少ないのが特徴です。

・HOLEP(ホーレップ)…レーザーを照射し、内腺をくりぬくようにして切除します。

くりぬいた内腺は、いったん膀胱内に入れておき、内腺をすべてくりぬいたあとに細かく砕いて吸引します。

・HOLAP(ホーラップ)…レーザーを内腺に照射し、氷を解かすように内腺の組織を蒸散させます。蒸散させるのに時間がかかるため、内腺の容積が50cc以内の場合に行われます。

どちらの方法も、手術時間は1時間から1時間半程度、入院期間は1週間程度です。なお、逆行性射精などの合併症は、レーザー治療でも起こることがあります。

日常生活の注意

前立腺肥大症と診断されても、排尿障害などの症状が軽い場合は、特に治療はせず様子を見ることがあります。このような場合、日常生活の注意で、症状を悪化させないようにすることが大切です。

前立腺の肥大には、動物性の脂肪の多い食事が関係していると考えられているので、摂取は控えめにしましょう。

お酒を飲みすぎると、前立腺を含む骨盤内の血行が悪化し、前立腺がうっ血して肥大が進む可能性があります。特に尿が出なくなる「急性尿閉」は飲酒後に起こりやすいので、お酒の飲みすぎは避けましょう。また、喫煙も血行を妨げるので、喫煙者は禁煙します。

長時間座ったままでいると、骨盤内の血行が悪くなるので、ときどき立って体を動かすようにしましょう。

骨盤内の血行を促すためには、お風呂に入って体を温めることが大切です。入浴してリラックスすると、排尿に関する症状に関係する自律神経に働きかけて、緊張をほぐす効果も期待できます。

鍼灸治療

排尿のトラブルで悩まれている方は大勢いらっしゃいます。「年をとってしまった」と気落ちしてしまうものですし、頻尿などがあれば一日に何度もトイレに行かなければならなかったり、急に尿意がでてあわてたりして、生活に支障をきたすこともあります。

そのようなときには鍼灸治療を利用してみましょう。鍼灸治療を行うことで、前立腺の肥大があっても症状が軽減し、生活の質が高まることはよくあります。

前立腺肥大症に一番使用するツボはおへその下にあるツボです。「関元」から「曲骨」などといったツボがいくつもありますので、それらを使用していきます。この時、ツボを指で押さえて膀胱のほうに響く感じがあるところへ鍼をしていきます。また、灸も効果があります。灸点紙を貼ってお灸をすえることもあれば、鍼の先にもぐさをつけて温める灸頭鍼を行いこともあります。

関元

そのほか、骨盤にあるツボも有効です。「次髎」などは尿量の調節をしてくれるツボで多くの前立腺肥大症の患者さんに使用します。鍼もいいですが、灸のほうがよく効きます。灸点紙の上からお灸をすえていき、熱さを感じるまで灸をするのがポイントです。

脚にも前立腺肥大症に効果のあるツボが存在します。内くるぶしの下にある「照海」やかかとの真ん中にある「失眠」といったツボが良いでしょう。失眠は不眠症にも高い効果があるツボですので、夜間頻尿がある人などは積極的に使用していきます。

また、これらのツボを使いつつ、全身の治療も合わせて行っていきます。体の冷えや食欲の有無、便通、肩凝りや腰痛など、ほんの些細な症状でも治療をしていくことで患者さん自身の体調をよくしていきます。

症例

60歳代・男性

前立腺肥大症があり、頻尿で1日に20回以上トイレに行くという患者さん。ただ、トイレに行っても毎回少量しかでないので、スッキリ出ている感じもないと言います。夜に寝ている時は1~2回トイレに行くだけで、日中のほうがトイレに行くという状態でした。

問診の後、腹診や脈診をして治療を行っていきます。前立腺肥大症の治療と全身の調整を行っていきます。

「百会」「肩井」「曲池」「中脘」「関元」「三陰交」へと鍼を刺し、10分ほど刺したままにする置鍼を行います。

置鍼後には「関元」へ灸頭鍼を行い、さらに灸頭鍼後に灸点紙を貼り、熱さを感じるまで小さなお灸を何壮もすえていきました。

それが終わると、今度はうつ伏せになり、「次髎」へ灸点紙を貼ってお灸をしていきます。「失眠」には灸点紙は貼らず、直にお灸を熱くなるまで行いました。通常は数壮すれば熱さを感じますが、排尿トラブルがある人は、これらのツボが熱さを感じなくなっています。この患者さんも十壮以上すえなければ熱さを感じない状態でした。

さらに、肩凝りや腰痛も少しあったため、それらの治療も行います。最後に、「肩井」「腎兪」「次髎」で灸頭鍼をして、体の中から温もるように治療をしていきました。

この治療を数回行ったところ、トイレに行く回数が少し減ったようです。その分、1回のトイレででる尿量が少し増えたとも言います。まだ、10回以上トイレに行くため、治療は必要ですが、実感としてかなりマシになっているように思うと言っていただけました。その後も、治療を継続しています。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.