Home » 鍼灸ニュース » 膀胱炎

膀胱炎ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ: , , ,

膀胱炎とは

膀胱炎は、尿道から膀胱に大腸菌などの細菌が入って増殖し、膀胱の粘膜が炎症を起こす病気です。風邪をひくと、のどが炎症を起こして真っ赤になりますが、膀胱炎ではこれと同じようなことが膀胱内で起きています。

男性と女性の体の構造の違いから、女性に圧倒的に多く見られます。男性の尿道の長さは約20cmですが、女性は4~5cm程度しかありません。さらに、女性は尿道口の近くに膣や肛門があることから、排便時や性交時に細菌が入りやすくなっているのです。そのため、性交が原因の感染が多く見られます。

膀胱炎

症状

排尿時の痛み

下腹部がひきつるような痛みがあります。特に、排尿の終わりに激しく痛みます。

頻尿

排尿のために頻繁にトイレに行きますが、1回の排尿量はわずかです。

残尿感

排尿しても、まだ全部出し切れていないような、スッキリしない感じがします。

血尿

進行すると現れる症状です。尿が赤やピンク色に見えたり、トイレットペーパーに血がついたりします。

また、膀胱内で繁殖した細菌を排除しようとして増えた白血球や、炎症を起こした膀胱の粘膜の分泌物などが尿中に排出されて、尿が濁って見えることもあります。

膀胱炎を放置すると、膀胱内の細菌が、「尿管」を通って腎臓に達し、「急性腎盂腎炎」を起こすこともあります。急性腎盂腎炎になると、腰痛や高熱が起こり、入院が必要になることもあります。

検査と診断

受診すると、必ず「尿検査」が行われます。

尿を顕微鏡で調べ、炎症が起こっていることを示す白血球や出血を示す赤血球、炎症の原因となっている大腸菌などの細菌が発見されば、膀胱炎と診断されます。

西洋医学的治療

治療の基本は「抗菌薬」の使用です。抗菌薬で、膀胱内に繁殖した細菌を除去します。

抗菌薬を服用すると、2~3日で症状が治まりますが、膀胱内の最近すべてを除去するには、5~7日間は服用が必要です。指示された期間は必ず薬の服用を続けましょう。

薬の服用と合わせて、水分をたくさん取ることも大切です。尿の量を増やすことで、膀胱内の細菌を洗い流し、細菌数を減らすのです。また、細菌の繁殖を防ぐためにも、尿意を感じたら我慢せずにすぐトイレに行くようにしましょう。

再発を防ぐため、症状が改善しても処方された通り薬は続けましょう。その上で、尿の再検査を来ない、白血球や細菌が確認されなければ、治癒いたことになります。

鍼灸治療

鍼灸治療を受けておられる患者さんにも、問診で話を聴いていると「実は今日、膀胱炎になっているの」とおっしゃられる方がおられます。そのようなときには、ほかの症状に対する治療とあわせて膀胱炎の治療も行っていきます。

膀胱炎に対してはやはり尿の量を増やすようにすると、その後症状が改善しやすくなります。そこで、腹部のおへその下にある「関元」に対して、鍼や灸を行います。お灸は小さなお灸をすることもあれば、灸頭鍼や箱灸で体の中のほうまで温めるようにすることもあります。

また、尿の状態を改善して、かつ、すぐに痛みも取れやすいツボとして「地機」があります。下腿の内側を指で押さえていき、押さえたときに一番圧痛が強いところへお灸をします。熱さを感じるまで何壮か灸すると効果的です。

地機

そのほか、かかとの真ん中にある「失眠」というツボも膀胱炎によく効きます。とくに体内の水分調節にかかわるツボでもあるので、頻尿のときなどに使用するとよいでしょう。ここも熱くなるまでお灸していきます。

さらに、お腹の反対に当たる骨盤ぶにある「次髎」もよく効きます。こちらも灸をすえたり、灸頭鍼や箱灸で温めていきます。

膀胱炎になった時には、問診時に話していただければ通常の治療に組み合わせて治療を行うことで、すぐに症状が改善しやすいです。また、何度も繰り返して膀胱炎になってしまう人に対しては、予防的にも普段からこれらのツボを治療に取り入れていきます。

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.