Home » 鍼灸ニュース » トリガーポイントと鍼灸治療について

トリガーポイントと鍼灸治療についてふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース 

トリガーポイントとは

体が痛くて検査を受けたがどこにも異常がなかった、あるいは骨の変形や神経の圧迫が見つかり治療を行ったが痛みが取れないという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。このような体の痛みにはトリガーポイントが関係していることがあります。体のあちこちに関係してくるトリガーポイントについて知っておきましょう。

関連痛

トリガーポイントというのは筋肉の中にできる硬結というコリが関係しています。コリによって体に痛みが現れるのですが、凝っている部分だけではなく離れた部分に痛みを引き起こすことが知られています。

例えば、長い間片頭痛に悩まされていた人が薬を飲んでもその場しのぎにしかならず、痛みのある側頭部を治療しても痛みが改善しないということがあります。実はこのとき首にある胸鎖乳突筋にコリがあり、このコリをほぐしてやると嘘のように片頭痛が消えてしまったということは珍しいことではありません。

このように筋肉にできる硬結によって離れた部分に痛みが起こることを「関連痛」といいます。このような関連痛を引き起こす硬結を「責任トリガー」と呼び、この責任トリガーに施術を行って症状を改善することをトリガーポイント療法といいます。

どこにトリガーポイントが現れるかによって症状が起こる部位にパターンが見られるため、関連痛のある部位から逆算してトリガーポイントを探して刺激を加えていきます。レントゲンなどでは筋肉の状態は確認できないため、検査では見落とされてしまいますが、トリガーポイントである硬結を解消しない限りは症状が改善しないことが多いのです。

いろいろな症状が起こる

トリガーポイントが起こるのは片頭痛に限りません。例えば坐骨神経痛と呼ばれるものもトリガーポイントが関係していることが多々あります。坐骨神経痛とは腰の骨から出て脚につながっている坐骨神経が何らかの原因によって障害されることで、腰から足にかけて痛みやしびれが起こる病気です。ですが、検査で腰の骨に変形が見られて腰を治療しても症状の改善が思わしくないときがよくあるのです。

この場合ではお尻にある筋肉にできた硬結が脚に痛みやしびれを引き起こしているケースというのがあります。なかなか改善しなかった腰下肢痛が殿部のトリガーポイントを取ることで改善していきます。

また、生理痛などにもこのトリガーポイントが関わっていることもあります。下腹部などに現れたトリガーポイントへ治療を行うことで生理中でも痛みが改善するということがあります。

ツボとの共通点

身体に現れるトリガーポイントの位置を書き出してみると、東洋医学で昔から伝えられてきたツボの位置と似ていることから、ツボはトリガーポイントのことを指しているのではないかと議論になったことがあります。が、現在はトリガーポイントだけではツボを説明できないことも多く、イコールの関係ではないとされています。

トリガーポイントの特徴は「硬結を指などで押さえた時に関連痛が再現される」ということが挙げられます。先の例では首の筋肉である胸鎖乳突筋を押さえていると片頭痛が現れれば、それがトリガーポイントの証となります。なかなか取れない痛みがあるときには体のあちこちを押さえてみて、痛みの再現性があるところを探してみるのも面白いでしょう。ご自身でわからない場合は鍼灸治療も活用するといいでしょう。

トリガーポイント(背中)

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.