Home » 鍼灸ニュース » 月経異常

月経異常ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院)

カテゴリー: 鍼灸ニュース タグ:

月経異常

「生理痛がひどい」「最近ずっと来ていない」など、女性の多くが月経について何らかのトラブルを経験しています。月経がきちんとあるかどうかは、女性にとって健康状態を知るパロメーターの一つといえます。月経に異常がみられるときには何らかの病気が隠されていることもありますので、きちんと月経について知っておくことが大切になります。

正常な月経

まずは正常な月経について知っておきましょう。

月経周期は25~38日…月経が始まった日を1日目と数えて、次の月経がはじまる前日までを月経周期といいます。正常な月経周期は25~38日です。

経血量は20~140㎖…月経の際に排出される血液などを経血といいます。実際に量ることは難しいですが、目安としては、最も多い日でも2~3時間に1回程度のナプキン交換で済む場合は正常だと言えます。

出血持続日数は3~7日…1回の月経の日数は3~7日です。1~2日で終わってしまう、あるいは8日以上だらだらと続くようなら何か問題が考えられます。

月経中の痛みはあっても軽度…月経痛は70%の女性が抱えているといわれているほどよくある症状ですが、その度合いが問題となります。痛みがあり市販の鎮痛薬を使う場合も、痛みが強い2~3日間、1日3~4回のめば治まるのなら心配いりません。

月経異常のチェック

受診の必要がない月経異常

月経異常が起こった場合には受診が必要なものとそうでないものがあります。

月経が1か月抜けてしまうことがあっても、すぐに回復し、年1回程度の場合や、6日以内の範囲で遅れたり早まったりする程度であれば、様子を見てよいでしょう。月経周期はストレスによって誰でも乱れることがあるからです。

受診が必要な月経異常

3か月以上月経が起こらない「続発無月経」、ナプキンが1時間もたなかったり、大きな血の塊が出る「過多月経」、日常生活がままならないほどの痛みが起こる「月経困難症」などの場合は、すぐに病院を受診するようにしましょう。これらの症状は何らかの病気が月経異常として体に現れているケースがあるため、検査を行い調べることが重要です。

鍼灸治療

東洋医学では人間の体は気・血・水の働きによってうまくバランスがとられていると考えられています。月経異常はこのうちの「血」の不調が原因になって引き起こされます。血が不足したり、滞ったりしたりして、働きが悪くなった際に月経異常として現れてきます。滞った血のことは「瘀血」と呼び、瀉血して血の流れを良くすることもあります。

また、月経前には「頭痛」「むくみ」「乳房痛」「お腹が張る」「不安」「怒りっぽい」などといった症状が現れる女性も多いです。これらは「月経前症候群」といい、このような症状も合わせて治療を行ってきます。

ツボ療法で元気になろう!

【三陰交・さんいんこう】

場所…内くるぶしから指4本分上

効能…月経異常、生理痛、便秘など

三陰交

Share on Facebook
Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

診療時間

施術料金

ふたば鍼灸院の周辺地図

往診可能エリア

Copyright(c) 2016 ふたば鍼灸院(大阪市の鍼灸院) All Rights Reserved.